肌の色を考える

文化女子大学で色彩学会のシンポジウム。

100327_1513~02

某大手化粧品メーカーの方のお話は、頷けるお話ばかり。

100327_1513~04

肌の色は本当に奥深い

同じ明度でも、黄みに寄っている肌より
赤みに寄っている、または低彩度の肌の色の方が
“色白の肌”として認識されます

これが、ただの色票ではそう見えないのに、
“顔”では、違うんですよね。

本当に不思議です

パーソナルカラーのアドバイスの時に、
メイクについても触れていますが
このあたりのお話は、非常に役に立っています

お化粧は、こういったことを踏まえて
年齢とともに変えていくことも必要なのです
プロフィール

keiko@espaceblanc

Author:keiko@espaceblanc
東京在住 カラーコンサルタント&アートナビゲーター
街歩きと美味しいモノが大好きです

エスパスブラン / 大人色彩塾 
主宰

最近の記事
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク